鉄・スクラップ・自動車・容器包装・古紙・デジタル機器のリサイクルは井上商店

意外と知らない?車が廃車となる原因と車の寿命を紹介!

意外と知らない?車が廃車となる原因と車の寿命を紹介!

車の廃車を思い立つタイミングはどのようなときでしょうか。一般的に、事故に遭って見るからに原型をとどめていない場合以外は、廃車に出す決断をするのはなかなか難しいものでしょう。実は、廃車として出さなければならない原因が大きく3つあります。

そこで今回は、自動車の寿命や廃車になる原因についてご紹介します。自動車の廃車について検討中の方はぜひ一読ください。

自動車が廃車となる3つの原因

自動車が廃車となる原因には大きく3つあります。それぞれの原因について詳しく解説していきます。

経年廃車

時間が経てば経つほど、車の各パーツは古くなり、交換しなければならないものが多く出てきます。エンジン、ブレーキ、ホイール、ラジエーターなど、さまざまな車のシステムに異常が出てきたり、故障したりします。以上のような買い換えなければならないパーツによっては、高額になることもあります。そのため、交換するよりは廃車して新しい車を購入したほうがいい場合があります。

余剰廃車

長期間使い続けてきて古くなったことが理由で廃車に出すのが「余剰廃車」です。余剰廃車は車が壊れたため廃車するのではなく、まだ問題なく乗ることができる状態の車がほとんどです。しかし、古い型の車となるので、引き取ってくれるところも少なく、むしろ処分費用がかかるケースもあります。そのため、経済的な面から結果として廃車にする場合があります。

事故廃車

車が事故に遭ってしまった場合、ヘコミ傷程度であれば修理して乗り続けようと思うでしょう。しかし、損傷の激しい車やエンジンが壊れてしまった車の場合、修理代が高くついてしまうケースが多いです。そのため、修理をするよりも、新たに車を購入した方が安くついたり、修理費用と新車を購入する費用に大差がなかったりすることが多くあります。そのため、「事故廃車」を選ぶケースが少なくありません。

ちなみに事故廃車とは、事故車を修理せずにそのまま解体して廃車手続きを行うことです。

車の寿命とは

実は、車自体に特定の寿命は決まっていません。ただ、一般的には「走行距離が10万km」、「新車の登録から10年後」が寿命だといわれています。

「走行距離が10万km」「新車の登録から10 年後」といわれているのにはさまざまな要因があります。まずは、それぞれの要因について紹介していきます。

タイミングベルトの交換時期

タイミングベルトと呼ばれるエンジン内部のパーツ交換が「約10万km」を目安にされています。

タイミングベルトが切れてしまったら、車を走行することができないので、必ず交換しなければなりません。さらに、タイミングベルトだけでなく、周辺の部品も10万kmほどで寿命がくるとされているので、交換をすすめられることが多いです。

純正の部品の在庫が10年までしかない

法律でメーカー側は車の部品を10年は在庫として置いておかなければならならいとされています。しかし、10年以上になると、部品の在庫がなくなることが増えて、他のパーツを取り付けることになります。

自動車税などの税金の増額

自動車税は車を所有しているだけでかかってしまいます。この自動車税は所有している年数が長いと増額されてしまいます。

具体的には、ガソリン車だと「13年経過した時点」で増額となり、ディーゼル車の場合「11年経過した時点」で増額となります。新車を登録してから上記の年月が経過すると、現在の税額に15%増額となるのです。さらに、自動車税だけでなく、「重量税」も増額するので車検の費用負担が増えてしまいます。

車の寿命を判断するときのポイント

車の寿命を判断するポイントとしては、エンジン内のパーツが交換時期を迎えたときといえます。

車のエンジンは最低でも10万kmは走れるようになっています。さらに、定期的にメンテナンスをきちんと行えば20万km、30万kmは走ることが可能です。しかし、エンジン内部のパーツを交換するとなると、エンジンの状態によっては数十万円かかるケースやエンジン自体を乗せかえる必要があるケースもあります。

エンジンの修理は新車の購入をすることを考えれば、安いと思いますが、車の寿命と判断するポイントといえます。

まとめ

意外と知らない?車が廃車となる原因と車の寿命を紹介!

車が廃車となる原因はさまざまあります。現在の車の状態を見てから、廃車がよいのか、修理をしたほうがよいのか、または、新車を購入したほうがよういのかを考えましょう。

廃車を検討中の方は「株式会社井上オートリサイクル」にぜひお問い合わせください。当社では、廃車のリサイクルに注力しており、廃車買取サービスという形でリサイクルに貢献しています。また、手数料無料で買取を行うことができ、査定につきましてもサイト内からお申し込みが可能です。